トレーダーとしての思考


昨今、ネットの普及によって個人トレーダーというものがすごく身近な存在になり、多くの情報が飛び交っています。

色々な思考や信念を持ったトレーダーがいますね。

ゆったりと時間に追われることなくトレードすることを好む一方で、

時間に追われ忙しなくトレードする、でもそのリズムが好きというトレーダーもいます。

あるトレーダーが推奨している手法があるトレーダーが否定している手法であったり、

でもその否定しているトレーダーが推奨している手法は、また別のトレーダーは否定的であるということも往往にしてあるわけです。

 

結局、トレードの世界は何が正解で何が不正解なのかを明確に決めることは不可能なのです。

だって、ぶっちゃけた話、稼げればそれが正解なんですよ!(笑)

どんなに緻密に手法を組み上げ、一見、正解と思わせる手法であっても稼げなければそれが正解とは言えないわけです。(不正解というわけでもないですが・・・)

 

トレードにおいて厳守すべきことは損切を躊躇なく結構すること!!

 

個人トレーダーが運営するブログを除くと100%と言っていいほど、損切の重要性が語られています。

当ブログでも損切については熱く語らせてもらってます(笑)

 

しかし、

別に損切を100%決行しなくても稼ぐことはできるのでは?

と、最近感じるようになってきました。

 

確かに損切をきっちり決行して損失をコントロールしたほうが健全なトレードをし易いのかもしれませんが、

相場の方向性を間違えていなければ損切り後に価格が戻してくるというのもよくある話です。

既に自分の思惑とは違う方向に価格が動いてしまっていますので、

そこから予定していた利益まで価格が伸びる可能性は低いかもしれませんが、

建値で決済できてしまえばプラマイゼロですからね。

 

なので、ここ最近思うことは、

トレードスタイルというものは、初めは誰かのスタイルの丸パクリから始めますが(むしろ丸パクリすべき)、

どかのタイミングで自分のオリジナリティをちょこちょこと取り入れていくべきと感じています。

 

何も指針がないままに突っ走るよりは、

当然意味のある結果を得られる可能性が高まりますので、

丸パクリすることは非常に有効なんですが、

丸パクリだけで生き残れるほど相場は甘くはないということです。

 

オリジナルな要素を取り入れるためには、常に考えるクセを持つことが何よりも大事です。

そのほとんどが無駄な思考に終わるかもしれませんが、

何度もトライ&エラーを繰り返すことのみが、相場で生き残る唯一無二の手段ではないでしょうか?

何か一つでもオリジナルな要素が加われば、それは最早あなただけのオリジナル手法ですよ!!

 

 

質問があればドシドシどうぞ!!

 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です