トレーダーの学習曲線 その2


その1で、トレーダーとして成功するために、

➀希望に満ちたフェーズ

➁チャートパターン、手法に妄信するフェーズ

➂悲観的になるフェーズ

④指針を見失うフェーズ

⑤飛躍するフェーズ

⑥成熟するフェーズ

の6つのフェーズがあることをお伝えしました。

今回の➀幻想を抱くフェーズについて詳しく解説していきます。

●希望に満ちたフェーズとは

このフェーズは、つまりはトレードを始める時期のことを表します。

トレードを始めるときは誰しも「お金を稼ぎたい」という強い思いがあると思います。

トレードでお金を稼ぐ!自分ならできる!という正に希望に満ち溢れた状態ですね。

しかし、現実には相場がなぜ動くかもよく分からず、

ローソク足チャートはただのグラフにしか見えない、

神懸かり的な閃き、運がなければ、継続した利益を出すことは不可能なフェーズがこれです。

 

トレード初心者として、自分がまず何を学ばなければいけないかを冷静に分析し、

ゆっくりと確実にトレードに対する基礎知識を蓄えていくことが求めらるフェーズです。

そうすることで、チャートを読む力がつき、

ただのグラフにしか見えなかったチャートから仕掛けのポイントの徐々に見えてくるようになります。

ここまで来ると次のフェーズにステップアップですね。

 

次回は➁チャートパターン、手法に妄信するフェーズについて、

解説していきます。

ではまた(/・ω・)/


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です