トレードルールがあなたを救う


みなさんがトレードする上での判断材料はなんでしょうか?

価格がキリのいい値まで来たから

移動平均線がゴールデンクロスしたから

上げトレンドだから買い

などなど、判断材料は人それぞれだと思いますが、

それをちゃんとルール化しているでしょうか?

(ドキッとされた方はいますか?笑)

安定的に利益を挙げるトレーダーは例外なく、自身のトレードをルール化しており、

エントリー、利食い、損切に一点の曇りもありません。

明確なルールがあるからこそ、自信が産まれ、

ひとつひとつのトレードの精度が上がり、結果として利益が安定してきます。

トレードルールがあれば、当然、

トレードするポイントはそのルールに則ったポイントだけなので、

無駄なトレードをなくすことができますね。

「ルール」と言っても難しく考える必要はありません。

サポートから反発したら買っていく

上げトレンドから下げ戻しが50%入ったら買っていく

といった感じで簡単なルールで構いません。

トレードっていう異色なことでお金儲けをするんだから、

複雑で難しいルールが勝てるルールなんじゃないの!?

と思っている人は多いと思いますが、これは完全なる思い込みです。

ルールというのは「守る」ことに意味がありますので、

簡単であればある程いいんです。

だって簡単なほうが覚えやすいし、迷いも減りますよね。

いーっぱいインディケータを組み合わせて、さらにローソク足の形まで加えて、

「いかにも」勝てそうな複雑なルールを作っても、

チェックする項目が多すぎてどんどん迷いがうまれていくだけですよね。

トレードに迷いがうまれると、ルールに自信が持てなくなります。

ルールに自身が持てなくなると、結果、ルールを「守らなくなる」んです。

ただ、「簡単な」ルールと言っても、

利益がでないルールをいつまでも守り続けても、

これはこれで全く意味がありません。

利益がでる、つまり、「優位性」があるルールにこそ、

守り続ける意味があります。

「優位性」があるルールをいきなり構築することは難しいかもしれませんが、

トレンド、レジサポ、ボラティリティなどなど、トレードの本質を意識しながら、

ルールを構築し、検証することを繰り返していけば、

あなただけの「優位性あるルール」が出来上がるはずです。

上位足のトレンド方向に乗って、トレード足の押し目でエントリー

これだけでも立派な優位性あるルールですね。

結局トレーダーとはこういう泥臭い作業の繰り返しなんですよね。

泥臭さが嫌になって途中で投げ出したくなることもあると思いますが、

あきらめずやり続ければきっと光が差し込みますよ。

トレードは自分自身との闘いであり、頼れるのは自分だけです。

トレードを続けていく以上、迷い、悩む時期は必ずやってきますが、

そんなときの支えが自分自身で構築した「トレードルール」なんです。

この「トレードルール」があるから自分はここまでやってこれた!と思えれば、

どんな苦境も乗り越えられますよ。

「トレードルール」は財産ですね。

質問があればドシドシどうぞ!!


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です