これを知らないと勝てません!トレードエッジとは


トレードで利益を得るためには、

優位性の高いポイントでトレードする必要があります。

優位性とは、簡単に言えば「勝つ確立が高い」ということですね。

しかし、優位性の高いポイントで単純にトレードしていても、

「あること」を考慮しなければ利益を残すことは不可能なんですが、

意外とこの「あること」を知らない、考えたことがないという人は多いです。

では、その「あること」とは何なのか?

●これを知らないと勝てません!トレードエッジとは

「あること」とは「トレードエッジ」のことを指します。

ここでいう「エッジ」とは「優位性」のことであり、

冒頭でもお伝えした、

「優位性の高いポイントでトレード」の「優位性」です。

しかし、

「優位性」とはトレード一つ一つに対して意識するだけでは不十分で、

トレード全体でも考える必要があります。

それが「トレードエッジ」なのです。

 

トレードエッジとは、トレード全体での優位性を数値化したもので、

TE=勝率×平均利益-負率×平均損失

で算出することができます。

TEはトレードエッジのことですね。

 

簡単に説明すると、

TEがプラスの数値であれば、トレード全体としての優位性もあり、

収支は右肩上がりになっていくことを表します。

数値が大きければ大きいほど、右肩上がりの角度も上がっていくわけですね。

反対にTEがマイナスの数値であれば、トレード全体としての優位性はなく、

収支は右肩下がりになっていくことを表します。

あなたは自分のTEがいくつであるか把握していますか?

 

●トレードエッジを算出をしてみよう

トレードエッジの算出を実際にやってみましょう。

例えば、勝率、平均利益、平均損失が異なる二人のトレーダーがいたとします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        勝率   平均利益  平均損失

トレーダーA    30%            10,000円             3,000円

トレーダーB    80%     3,000円    8,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どちらが優秀なトレーダーだと思いますか?

単純に勝率だけでみれば勝率80%を誇るトレーダーBの方が優秀そうですよね。

ではでは、実際に二人のTEを見ていきましょう。

(1)トレーダーAのTE

TE=0.3×10000-0.7×3000=900

(2)トレーダーBのTE

TE=0.8×3000-0.2×8000=800

 

はい!結果はトレーダーAの方がTEは大きいですので、

数値上は勝率の低いトレーダーAが優秀ということが明らかになりました。

単純に勝率の良さだけでトレードの良し悪しを判断できないということが、

TEという具体的な数値を示すことでハッキリしますね。

 

上の例の場合は、両トレーダー共にTEはプラスの数値ですが、

当然、勝率が良くても平均利益<平均損失であればTEがマイナスの数値になることがあります。

一つ一つのトレードで折角、優位性の高いポイントでのトレードができていても、

平均利益<平均損失の関係になっているだけで、

TEは小さく、もしくはマイナスになってしまうわけですね。

これはリスクリワードの考え方が大きく関係してきますので、

こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

TEのように、人は具体的な数値を示すことで、

自分が現在置かれている状況をより理解することができます。

ぜひぜひご自身のトレードエッジを知っておきましょう!!

 

質問があればドシドシどうぞ!!

 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です