市場心理を意識して差を付けよう!本当に役立つエントリータイミング(動画)


ダブルトップやペナントといったチャートパターンを使ってエントリー、

MAの反発等のインディケータを使ってエントリー、

テクニカル分析には様々なエントリー手法があります。

相場環境に則って、厳格にエントリー手法を守っていけば、

それなりに結果がついてくるかと思います。

しかし、

真にトレードにおいて大事なことは、

このチャートパターンが出現したからエントリー、

このインディケータが買いを示しているエントリー、

ではなく、

「なぜこのポイントで売買することに優位性があるのか?」

という意味を考えながらトレードすることです。

今ポジションを持っている人、持っていない人が、

今このタイミング(エントリータイミング)でどのような心理になっているかを考えながらトレードしていくと、

単にチャートパターンやインディケータに妄信してトレードしている人より、

1歩も2歩も先を行ったトレードができるはずですよ。

ではでは、こちらの動画をどうぞ!

※この動画は4分40秒で視聴できます。

 

動画の中でも解説していますが、

エントリーする前の動きで自分ならどういうタイミングでエントリーするだろう?利確・損切するだろう?

ということを考えると相場参加者の心理が少しづつ見えてきます。

市場心理が見えてくると、もっともっとトレードが面白くなりますよ。

 

質問があればドシドシどうぞ!!

 

追伸

動画の中では解説していませんが、

チャートの左の方(高い価格)で売りポジションを持っていた人は、

ダブルトップの出現や、高値の更新で利確をする動きが十分に予想できます。

なので、損切による反対売買(この場合であれば買い)と併せて、

利益確定の反対売買も市場に参入してきますので、

買いポジション > 売りポジション

がより強く成り立ち、価格はぐいぐい上昇していくことになりますね。

 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です