無視していませんか?トレード足に合わせた上位足の相場環境認識


みなさんはトレードするとき、どの時間軸をメインに使用していますか?

スキャルピングの人であれば・・・1分足、5分足

デイトレの人であれば・・・5分足、15分足

スウィングの人であれば・・・1H足、4H

こんな感じでしょうか。

トレードスタイルは人それぞれなので、

どの時間軸でトレードするかはその人次第です。

しかし、

どんなトレードスタイルであれ、共通して実践すべき行為があります。

それは、

トレードする時間軸に合わせた上位足の相場環境を確認する

ということです。

???

と思う方もおられると思いますので詳しく説明していきます。

例えばトレード足である15分足でこんな相場状況があったとします。

トレード足に合わせた1

誰が見ても下げトレンドの相場です。

ショートを狙っていけば利益になる可能性は高い状況です。

シグナル等を利用している方は、

ショートのシグナルが出るのを今か今かと待ち構える状況だと思います。

ではもうひとつチャートをご覧ください。

4H足のチャートです。

トレード足に合わせた2

こちらは上げトレンドの相場状況であり、

さらに戻りが入っている状況です。

勘のいい人はもうお気づきかもしれませんが、

15分足というのは4H足の一部の動きを拡大したものです。

つまり4H足の戻りの部分が15分足で下げトレンドと見えていた部分なのです。

チャート例でいうと青く囲った部分が15分足の動きですね。

 

どうでしょうか?

この事実を確認しても未だショートを狙いたいと思うでしょうか?

おそらくエントリーは控えたいと思う方が多いかと思います。

もちろんこのまま価格が下落していく可能性もありますが、

4H足が上げトレンドである以上、

常に価格の上昇の可能性があることを意識していた方が勝率はグッと上がります。

逆に4H足も下げトレンドであれば、

15分足でのショート狙いの勝率がグッと上がります。

これが

トレードする時間軸に合わせた上位足の相場環境を確認する

ということです。

こちらの記事も参考にしてくださいね)

トレードする上で大事なことはトレード足の相場状況ではなく、

トレード足に合わせた上位足の相場環境であることがお分かり頂けたかと思います。

では、

各トレード足に対してどの上位足を確認していけばいいでしょうか?

この上位足!!という明確な決まりはありませんが、

概ねこんな感じで見ていけば十分かと思います。

トレード足 上位足
1分足、5分足 1H足、4H足、(日足)
15分足 4H足、日足
1H足 日足、週足

大体ですがトレード足に対して15~30倍の時間軸を上位足として見ています。

大きな足の波の一部を細かく表示してくれるかが重要です。

そのため、

あまり倍率に差のない時間軸同士を見てもあまり意味がありません。

15分足に対して1H足を上位足として見ても、

チャートの表示情報にそれほど差がないことがお分かり頂けるかと思います。

逆に差が大きすぎてもあまり意味はありません。

例えば5分足でトレードしているのに、

上位足に週足を選んでも、週足にとって5分足の動きはゴミみたいなものなので、

相場環境の関係性が薄れてしまいます。

 

いかがでしたでしょうか?

トレード足だけを見てトレードしていた方は、

ぜひ上位足の相場環境を確認するということを実践してみてください。

はじめは見る時間軸が増えて混乱するかもしれませんが、

FXで収益を得たいと思うなら必須のスキルです。

愚直にチャートを見続ければ必ず見につくスキルです。

私も最初は混乱しましたが、

今は複数の時間軸を見てトレードすることが当たり前になっています。

みなさんも必ずできるようになります!

ますは初めの一歩です!!


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です